Author Archives: user10

不動産売却の査定の結果が来た

先日頼んでいた不動産売却の査定の結果が、今日よくやく郵送されてきた。結論から言うと、想像してたよりかなり高い査定。売ろうとしてる不動産は中心地にけっこう近いので、土地的には問題ない場所だが、何せ建物が相当古いので結果がどう出るか不安だった。でもこれなら大満足。さっそく営業さんにお願いして、その価格で出してもらおうと思う。問題はすぐに売れるかどうか。幸いなことにこの辺は別の県から引っ越してくる人も多くて、そういう人たちが安住の地としてここに住宅を購入するのだそうで、けっこう売れていくのだそうだ。たぶんそういうのもあって、不動産会社としても強気な査定価格を出してきたのだと思う。確かにここは災害とも無縁な場所で、川や山も離れてるし海もないから、少なくとも洪水や土砂崩れや津波は絶対にないと断言できる。唯一あるとすれば地震だけ。だけど地震だけは日本中どこに住んでいてもリスクは同じなので、実際に地震災害にあうかどうかは運でしかない。だからこの場所は、災害リスクの点だけで言えば、優良な土地なのだと思う。いづれにしても早く売れてほしい。売れないことには先には進めない。

太陽光発電システムには色々とある

太陽光発電システムというのは、よいものです。実は物凄くメリットもありますから、これはしっかりと利用したいところです。しかし、ネックとなる要素もたくさんあります。まず、立地的な問題です。曇りの日にはほぼ発電ができないことになりますから、そうした立地ですときついです。日本では極端にそうしたところはすくないですが、日照時間はよく確認しておいたほうがよいでしょう。ですから、何でもかんでも太陽光発電にすればどうにかなる、ということでもないです。しかし、個人の住宅であればエネルギーを作るということには太陽光発電くらいしかないのも事実です。自己発電ができるようなものというのはこうしたシステムくらいですから導入を検討するならば太陽光発電システムくらいしかないです。風力などではきついでしょうから、やはり選択肢はこれしかないといえます。

出会いは少しでも量を増やすこと

少しでも良い出会いをしたいと言うのであればインターネットを活用してということが基本的にはお勧めできます。

ネットゲームなどで出会うということもできますし最近では出会い系のアプリというのもあったりしますのでそういうものを活用するようにした方が良いでしょう。

それだけでも出会いの確率というのがかなり高くすることができるようになります。少しでも良い出会いをと考えるのであれば出会う確率そのものというのを高くするようにすることができれば最高であると言えるでしょうからこういうものはしっかりと利用するようにしましょう。

どのように出会うのかということはそこまで気にすることではないです。大事になってくるのは出会った後のことでありそこから考えるべきであるといえます。上手くすればなんといってもよい伴侶を得るということができるようになります。

仕事で疲れていた時のタクシー

私は販売員の仕事をしているのですが、別の都心にある新店舗の応援がありまして、その店舗が深夜3時に閉店するということで、移動手段が電車しかない私はタクシーを利用して帰るしかなかったため会社からタクシーを手配して頂きました。

その日は深夜勤務でしたのでかなり疲れておりました。タクシー乗務員のかたが運悪くかなり話をするのが好きな方でして、私はは相手をするのが非常に辛かったです。

しかし世間は案外せまいものでどこでまた再びあうかもわからないのであまりぞんざいにあつかうわけにもいかず黙って話をきいて、楽しそうに演技していました。

仕事についてはタクシーの業務について話をされていたのですが、最近はかなり厳しいですがやれば稼げるとのことでした。自分もビジネスに興味はあるのでその話は時自分のためになるとおもい聞き入っていました。フリーの仕事と一緒なので大変そうだとおもいました。

第二の人生を始めるための婚活

高齢者と言われる年齢になり、妻には先立たれ、今では独身。そして子育ても終えていると、この先何をしようかという気持ちになるのではないでしょうか。定年退職をしたので、お金には困らない生活が可能ですが、自宅でいつも一人でやることがなにもないというのは、決して幸福とは言えないかもしれません。そんな時に出会いを求めるのは自然ですし、それができる環境にあるといえます。60代いえ70代からでも婚活をすることは可能であり、自分よりもずーっと若い異性を見つけることができるかもしれません。結婚相談所を利用すれば、すぐに自分にマッチする相手を探してくれますし、紹介してもくれることでしょう。今更という恥ずかしさもあるかもしれませんが、一人で生活するつらさや寂しさというのは厳しいものです。料理を作ってくれる優しい女性がそばにいてくれたら、第二の人生を始めることさえできるでしょう。

就職先としてタクシードライバーになる

全体的に人手不足が深刻になっている日本において、特にその問題が大きいのが運送業界です。トラックドライバーの不足はとても大きく、求人の募集は常にあるような状況です。同時に荷物を運ぶわけではありませんが、タクシードライバーの不足も大きなもので、大手の業者は特に、いつでも募集を出しているような状況です。運転手がいないために、事業が継続できない危機に直面している会社もあるくらいに、なかなか難しい問題なのですが、タクシードライバーのニーズは年々高まっていて、人口が増加する都市部において顕著になっています。それに外国人観光客の増加もあり、そうした人たちがタクシーを利用するようになっています。今の仕事に満足できない、あるいはなにかこれまでと違うような仕事がしてみたい、そんな気持ちを持っているのであれば、タクシードライバーとしての就職を考えてみることができるでしょう。