Monthly Archives: 5月 2015

耳鳴りでパニック障害になった

私は子供のころから、元気な体の持ち主でしたので、ほとんど病院にいったことがありませんでした。

でも結婚して、旦那の親と住むようになってしまって、体調を壊すことが多くなりました。

結婚して20年たったころ、急に夜中に耳鳴りになってしまってびっくりしました。

その時は数日で治ると信じてしまっていました。

でも耳鳴りは大きくなっていくばかりで、仕事もできなくなってしまったのでした。

耳鳴りの音に24時間追いかけられていましたので、寝ているとき以外はいつもパニック状態でした。そんなことが1か月も続いてしまって、結局は精神科に入院することになりました。耳鳴りによる頭痛や吐き気もありましたし、睡眠も十分にできないありさまでした。

睡眠薬でぐっすりと入院中はなることができて、パニックの発作もなくなりました。

でも、現在でも精神科に通って睡眠薬と安定剤はもらっています。

今日の仕事での出来事

今日は、朝7時15分に起き、朝ご飯を15分で済ませ、

8時20分頃に家を出て、いつも乗っている電車に乗り、会社へ。

気づけば今の会社に勤め始めて1年3か月を過ぎようとしている。

会社には勤務開始時間の10分前に着いた。

まだ社内は人が少なく、他の人より早めに着いていることに少し安堵感を感じた。

主な仕事は、メールの作成と電話対応。

電話対応は、その日の午前と午後に分かれての当番制になっており、今日は午後の当番だった。

電話対応は私がとても苦手としており、当番となった日は、

「クレームや変な問い合わせが来ませんように」といつも祈っている。

午前11時頃、上司に呼ばれた。

「この部署のリーダーとしてやってみないか」という相談だった。

電話対応は未だに苦手としているが、メールの作成に関しては、

会社に入った当初より成長している部分はあるのかなと自分でも思っている。

その点を上司の方も評価してくれていたようだ。非常にありがたい。

もちろん、リーダーになるにあたり、給料も上がる。

ただ、正直リーダーにはなりたくないという思いが強い。

「リーダーになる≒残業が増える」し、今の仕事をずっと続けたいという気持ちもない。

リーダーになったら責任も重くなる。色々な理由が自分の考えとして思い浮かぶ。

上司への回答はまだ保留中だ。自分は周りに流されやすい性格だと自覚している。

それでも、自分の人生は自分だけのもの。

自分の仕事観や人生観を大切に、自分の意思を伝えたい。

私の朝の至福のひと時

私には一日の中で唯一の至福のひと時があります。それは、朝起きてすぐのことです。まだみんなが寝静まっていることに一人起きだし、お湯を沸かします。その間にお気に入りのコーヒーカップと数種類ある中から今日の気分に合うドリップコーヒーを選びます。沸騰したお湯でカップを温めて、その後ドリップコーヒーに時間をかけて丁寧にお湯を注いでいきます。

こうして入れたコーヒーを飲みながら、外をぼんやりと見るのが大好きです。外にはちょうど新緑の葉っぱがたくさん見え、最近植えた花なども楽しむことができます。それを見ながら私一人の静かな時間をぼんやりと過ごすのがもっとも大好きです。

その後は朝から慌ただしい一日の始まりとなるわけですが、朝のその至福のひと時が私に一日を乗り越える元気をくれます。この時間はこれからもずっと続いていくことでしょう。

ビデオテープからDVDにダビングする方法

昔撮ったビデオテープやminidvをダビングして移行する事を希望する方も多いですが、様々な方法で行う事が可能です。

ビデオテープをDVDに移す方法としては、ビデオデッキを再生させてDVDデッキに録画するという方法や、パソコンに取り込んだり、業者に依頼する方法があり、どの方法を取るかはコストや労力を見て判断すると良いです。

ビデオデッキ再生からDVD録画はお金をかけずに行える方法であり、ビデオデッキとDVDレコーダーをケーブルで繋いで録画するだけですから、根気さえあれば出来ます。

ビデオデッキとパソコンを繋いでDVDへ焼くという方法もありますし、お金がかかりますが面倒では無い方法としては業者に丸投げしてDVD化させてしまう事です。

業者委託ではかなりの金額が必要になってしまいますから、コストや労力を考えて判断しましょう。

最新式の電子レンジが欲しいです

我が家の電子レンジはいまだに温め機能と解凍機能しかついていないシンプルな電子レンジです。作ったものを温め直したり、冷凍したものを急に解凍したい時などに、十分すぎると言っていいほどの仕事そしてくれますが、私としてはそれだけでは何か物足りなく感じています。

今のオーブンレンジなどはもの凄いと聞いています。火を使わず料理を作ることなんか当たり前、自動で絶妙な加減でおいしく調理してくれると聞きます。手抜き大好きな私としては、一度使ってみたいと思います。しかい、いざ買いに行こうと売り場まで見に行っても、ピンからキリまでの値段でどれを選択して良いのかさえ分からなくなってしまいます。

お菓子作りなどにも最近挑戦してみたいと考える私です。そうなれば今の電子レンジでは作ることができません。私に似合う電子レンジ探しに、今ネットでどのようなものがあるのかを必死に勉強中です。

さいたま市の保育士求人について

さいたま市で保育士求人を探している方も少なくありません。

今は、女性が長く働き続けることのできる職業として、保育士が注目されています。

保育士は、女性のスキルを生かせる仕事ですし、また結婚して、出産後にも自分自身の子育てスキルを生かすことができる仕事であるとされています。

また、働く職場も多岐に渡しますし、さいたま市でも保育士の需要は高まっています。

保育士の職場と言うと、保育園で勤務する保母さんのイメージがあると思います。

しかし、保育士には、様々な働く場所があります。

たとえば、企業内の保育園、また病院内託児所、さらに街の無認可保育園や、スキー場や観光施設などでの託児所など様々な働き方が可能です。

また、学童保育でも保育士は働くことが可能です。

保育士の資格さえあれば、様々な場所で働くことが可能となっています。

保育士の需要は日々高まっており、働くママが増えてきている世の中ではとても必要とされています。

保育士はこのように、様々な場所で働くことができますので、その場所により、子供の年齢が違います。

仕事内容なども場所によって変わってきますので、覚えることなども違ってきますので、知識などが必要とされます。

保育士として、勤めるのには様々な知識や勉強が必要とされます。

さいたま市の保育士求人ですが、まずハローワークなどで探すのも一つの方法です。

ハローワークで探す場合、さまざまなさいたま市の求人が診ることが可能ですので、一度足を運んでみても良いと思います。

しかし、忙しい場合などは、足を運ぶのがなかなか難しい場合も多いです。

そうした場合、インターネットで求人を探すのもおすすめです。

インターネットの求人の場合、パソコンで24時間求人を検索することも可能ですので、忙しい人にも最適です。

インターネットの場合、一般的な求人サイトで保育士求人を探すのも一つの方法ですが、保育士求人に特化して探す場合、保育士専門の求人サイトに登録することをおすすめします。

こうした保育士の求人サイトの場合、保育士の求人ばかりが掲載されていますので、一般の求人サイトよりも保育士求人が豊富となっています。

託児所や、企業内保育士の募集などもありますので、様々なワークスタイルの求人を比較検討をすることが可能です。

野鳥の鳴き声を聞きながら

朝、聞き慣れない小鳥の鳴き声で目が覚めました。我が家の横には大きな林があるので、時々うぐいすの鳴き声が聞こえる時もあります。「ほーほけきょ」という声なら鳥を見なくてもうぐいすだということは分かりますが、何となく特長ある鳴き声ですが、鳴き声だけでは何の取りかということが全く分かりません。たとえ姿を見たところで、鳥の名前までが分かるとは思えませんが、せっかくいい場所に住んでいるのにもったいないな、などと思ったりもします。

こうして見ていると、結構いろいろな野鳥が集まってきているようです。日中は窓を閉め切って音楽をかけていたので気が付きませんでしたが、最近は暖かいので窓を開けることもよくあります。すると、木々のカサカサという音やいろいろな鳴き声が混ざってよく聞こえます。バードウォッチングなどをしてみたいとも考えますが、部屋の窓から望遠鏡を覗いていると、何だか通報されそうな気がして、それは諦めることにしましょう。

ゴールデンウイークでの株主優待の使い方

会社の同僚の一人は大型連休中は遠出はせずに近場で家族で日帰りで過ごしたそうです。

彼は、株主優待でもらった飲み物を持って行楽地に出かけ、株主優待でもらった優待券で食事をしたり、コンビエンスストアーで何か購入したものも株主優待でもらったクオーカードで支払いをしたと言っていました。

そのため、彼はゴールデンウイーク中はほとんど様々な会社の株主優待を使って優雅な生活していたようでした。

私の頭の中では彼のゴールデンウイーク中の生活は、テレビ番組に出ていた株主優待を大量に使って生活したいる方の生活と重なるものがあるように感じました。

同僚の話を聞いて、私も株主優待の期限が切れる前に使ってしまわなければならない株主優待券があることを思い出しました。

帰宅したら、私は株主優待券を探してみようと思います。たぶん、引き出しの中に入っていると思います。

レコードの復活に驚きを隠せませんでした

最近テレビ番組で、レコードが復活しつつあると言う事を知りました。

レコードと言えば、30センチの円盤状の板に音楽で溝を掘り、その溝を針でたどる事によって、音を奏でるというものです。

昔はレコードが音楽の中心的存在となっていましたが、CDが誕生すると瞬く間にCDにその座を奪われ、レコードはどんどんシェアを減らしていきました。

そしていつしか人々の記憶から、レコードが薄れて行ったのです。

最近ではCDで音楽を聞く人よりも、音楽プレイヤーで音楽を聞く人が増えて来ています。

この様な世の中で、昔懐かしいレコードが復活すると聞いたので、私は驚いてしまったのです。

何でもレコードの音には独特の雰囲気があり、ジャケット写真も大きくて味わいがあるので、人気が再燃していると言うのです。

世の中が軽薄短小を求める中、言わば重厚長大とも言えるレコードに注目していると聞いて、世の中と言うのは分からない物だなと思いました。

復縁しても大体は上手くいかない

復縁というと、響きはよいかんじがしますが、いいことばかりとも限りません。

もちろん、周りには上手くいった人もいます。

遠距離が長かった友人カップルは、何度も別れては復縁を繰り返していました。

結局結婚して、今では仲良くやっています。

成功パターンもきちんとあるわけです。

しかし、上手くいっていない人の方が多いような気がします。

復縁したとしても長続きしないような気がするのです。

一回別れているわけですから、そこを改善しないとどうしようもありません。

私も復縁経験はありますが、せいぜい1ヶ月しかもちませんでした。

今思えば、よく1ヶ月もったなと思いますし、何回もの復縁の末に結婚した友人は凄いなと思ってしまいます。

ただ、別れた当初というのはよっぽど気持ちのいい別れかたや相手を心底嫌いになっていなければ、どうして別れたんだろうとか、もっといい別れかたは無かったのだろうかと、ついつい考えてしまいがちです。

そういうこともあり復縁に至ってしまうのですが、やっぱりこの人とは別れるべきなんだなと思ってしまうのです。

でも、それが分かっただけでももしかしたら復縁した価値はあったのかもしれないし、人によっては時間の無駄だったと感じるのかもしれません。

結局、どういうふうに感じるかはその人次第です。

でも、ちゃんとけじめをつけたいなら、復縁するのもありかもしれません。

参考:とにかく毎日寝る前に「必ず復縁できる」と紙に書く。