Monthly Archives: 3月 2017

顔がべたつく季節が大嫌い

春が近づいてきて嫌なことはと聞かれれば、それは「顔のべたつき」です。顔が乾燥するのも嫌なんですが、顔がべたつくのも嫌なんですよね。根っからの汗っかきだということもあるのでしょうか。

いや、そこまで汗っかきではないのかもしれませんが、とにかくわりと顔がべたつくのです。脇汗やその他のところの汗はそれほどかかない方なのですが、どういうわけなのか顔はべたついてしまうのですよね。

ですから夏が大っ嫌いです!そして夏が近づく前段階の春もわりと嫌いです。かといって秋もそれほど好きではなく、そして冬も寒いからイヤですね〜と、それならばいつがいいのかといいますと、一番好きなのは冬の部屋の中ですね。

冬場に温かくした部屋の中でぬくぬくとするのが最高ですよ。適度な湿度も加湿器によって作り出すことができますからね。ですからやっぱり、徐々に暖かくなり、そして顔がべたついてくるこの季節は恐怖を感じてしまいますよ。

だって夏がぐんぐん近づいてくるわけですし。外を歩けばうっすら顔に汗をかくような気候ですから、もうイヤだーなんてことを思うわけですが、少数派でしょうから言えません。

油そば風どん兵衛も美味しい

きつねどん兵衛を食べる時に、

お湯を入れた時の待ち時間を表示通りの5分ではなく、

倍の10分待ってから食べる「10分どん兵衛」という食べ方があって、

ネット上でかなり話題になってましたけど、

それとはまた違ったきつねどん兵衛の食べ方の記事を見つけ、

早速その食べ方を試してみました。

「油そば風どん兵衛」が美味しいという記事を見つけ、

10分どん兵衛を食べたら美味しかったので、

これも絶対に美味しいのだろう思い、

これを食べてみたくなりました。

作り方は10分どん兵衛とは逆で、

お湯の待ち時間は表示よりも短い3分だけで、

時間が短いのは麺が硬い方が美味しいからだとのことでした。

そしてお湯を全部捨てて粉末を3分の1と、

ごま油を少々入れて混ぜたら完成です。

食べてみるとお湯の待ち時間が短いので、

麺がやや硬いですがモチモチ感があってごま油の香りもよく、

やはり期待通りにこれもまた美味しいものでした。

粉末を全部使わないのであまりますが、

余りはお湯を入れてスープにして飲めばいいです。

食べながら気になったのですけど、

これをうどんではなく普通のカップラーメンでするとどうなのですかね。

もう一人の自分と私の居場所

大学の文系学部を留年し、友達も居なくなり、家族のいる場所で肩身の狭い思いをしていたのは私はインターネットへと逃避した。

元々は、部活動、アルバイトと分かりやすい大学生を謳歌していた私ですので、特定のおきにいりサイトやオンラインゲームがあるわけでもなく、暇つぶしの用に動画サイトを回って目的もない時間を過ごしていた。

その暇つぶしの用に見ていた動画の中で一つ興味を引かれるものがあった、元々はアウトドア動画や料理動画が好きな私が、それら以外、しかもパソコン一つで完結するコンテンツを見つけた。「人狼ゲーム」である。

これは面白いものを見つけたと思い「人狼ゲーム オンライン」と検索エンジンで入力をして、一番上に出てきたサイトへと行ってみた。それが僕が一年以上どっぷりとハマるサイトと僕の出会いであった。

人狼ゲームという対人ゲームを知った僕は、矛盾なく嘘を付くこと、人の嘘に敏感でに気がつくこと。人気の高い配役の安定進行という効率のいい動きを学ぶこと。なにより、自分の発言で周りの人間を説得行動を変えるということ。このことを楽しいと思った。留年をする中で人との関わりが減り、誰かと一緒に遊ぶという事に、他の人に自分の話を聞いてもらえるという事に飢えていた私は次第に人狼ゲームをしに行くことから、人狼ゲームをするほかの人と仲良くする事へと目的がずれていった。

この目的変化は、私のプレイングスキルを一気に伸ばすことになった。ただ、人狼ゲームをするなら、別に下手でも構わないのですが、サーバーのトッププレイヤーたちと交流をして仲良くするためにはゲームが上手であることは最低条件だった。

私は、ゲームが上手くなった結果、仲のいい人が増えたのではなく、仲のいい人を増やすために、ゲームを上達させたという形で、目的と手段を入れ替えてしまったのです。

それでも、今ではサーバーにログインをすれば、現実の私とは違うもうひとりの自分がいて、その私は、現実の留年をした私とは違いゲームが上手で話が面白くなにより、他人から構ってもらえる。そんな環境が気持ちよくてそれを維持するために今日もログインするんですけどね(笑)

子供が大量に持ち帰ってくるもの

最近、子供の学校のことで驚いたことがあります。

それは、学校から持ち帰ってくるプリントや作品類の多さ!

学校で作業したもの、全部持って帰ってくるんですよ。

その量はとんでもないことになっています。

昔は確か、提出物や学校で書いたものなど、全てを持って帰るなんてことはなかったですよね。

図工の作品や作文程度ならわかるんですが、ちょっとした小さなメモ用紙程度のプリントなども細かく全て持ち帰ってくるんです。

これって、仕分けする先生の方も余計な手間が増えるだけだと思うんですけどね。

いきなりそのまま捨てるのもなんだか忍びないし、処分に困ってしまいます。

加えて、教科書類ももちろん全て持ち帰ってきますし、全部合わせると段ボール一杯でも足りないくらいですよ。

特に図工の作品などは子供にも思い入れがあって、絶対捨てないでよ!なんて言ってくるので本当に困ります。

とりあえず、プリントやテスト類はほとんど処分してしまいました。

子供が一生懸命書いたものだと思うともったいない気持ちもありますが、収納スペースには変えられません。

今後もどんどん増えるかと思うと、今から憂鬱になってしまいますね。

営業は身だしなみが第一なのでホワイト ニングは必須ですね

営業社員が大切にするべきことの一つに、身だしなみというものがあります。人は見た目で判断できないとは言われますが、あくまでもそれは建前ですよね。何だかんだで人は見た目に左右されるものですので、身だしなみというものが重要視されるようになるわけです。そもそも、営業社員は他社の担当者や一般の人を相手にする職種です。ここで見た目が酷い状態の人であれば、信用されにくくなるでしょうし、そもそも話を聞きたいとも思われませんよね。

そしてその見出しの中でも、かなり重要なのが歯のホワイトニングなんですよ。人間は笑うと歯が見えるわけですが、その際に歯が黄色かったり茶色っぽくなっていると何となく不潔な印象を与えてしまいますよね。それは営業社員としては致命的な内容です。どんなに話術が巧みでも、笑顔のたびに歯が黄色くなっていたら気になって仕方がなくなりますからね。いわゆる話が入ってこないというやつですが、営業中にそのような状況になってしまうと営業社員としては失格ですよ。それを防止するためにも、常に歯はホワイトニングで綺麗にしておくべきですね。そうすることで、この人は身だしなみがしっかりしている人だという印象を与え、やがては好印象を与えることができるようになるというわけです。

世の中のできる営業社員はことごとく身だしなみがしっかりとしていて、おまけに歯も綺麗な状態になっています。そのことを念頭に置いて働くようにすれば、自ずと営業成績も上がっていくと思いますよ。

主婦がハマった出会い系!本当に出会えるんですね

40代の主婦です。

今や出会い系ってハードルが下がってどんな人でも使うようになりましたよね。

私が始めた頃はなんだか悪いことのような気がしてこそこそとガラケーから見ていたものです。

今やスマホ1つで募集して、すぐ会うことができます。

実は夫とはもう10年くらいのセックスレスなのです。

子供がいるのでなかなか離婚を切り出すことはできません。

それにセックス以外はとても良い夫です。

でも家事育児、パートをしている主婦にとってセックスなしでの生活は本当に耐えられないのです!

なので、私は出会い系を始めました。

体だけの関係のパートナーさんを探すのです!

あまり誰も彼もととっかえひっかえするのは病気などもあるので怖いですよね。

なので、何年も長期でお付き合いしてもらえるような方を探します。

でも今まで何年も続いたことはないんですよ。

男性も飽きるんでしょうか。

10歳以上年下の大学生とお付き合いしたこともあります。

私には家庭があるのでいつも平日昼間の二時間だけという時間制限有りでした。

わたしもそういうときはノリノリで応えていました。

彼女と婚約したとかでお別れしましたが、年下のかわいい彼に情が移ってしまって…お別れも辛かったです。

今はまた定期的に会える人を募集しています。

出会い系なしでは夫とのセックスレスのストレスは絶対に解消できません!

これからもきっと体がうずうずしたら出会い系にお世話になると思います。

はやく定期的な人と出会いたいですね。