婚活のときの出会いというのは

婚活というのはどのように開始をすればよいのか、ということですが基本的にはそんなに気にすることではないです。要するにいつはじめてもよいですし、いつ終了してもよい、ということになります。

そういう意味においてはかなり幅が広い行為であるといえるでしょう。婚活をどこでやるのか、ということになるのですが今はネットなども活用することがお勧めできるようになっています。婚活アプリというのがあったりしますから、そういうものもしっかりと活用していくようにしましょう。

場合によっては有料であることも多いのですが、うまく活用することによってよい人と出会うことができるようになりますから、これはとても大きなことになります。それはよいことではあるのですが出会いは厳選したほうがよいということもあります。誰でもよいから、という考えはやめておきましょう。

就職先としてタクシードライバーになる

全体的に人手不足が深刻になっている日本において、特にその問題が大きいのが運送業界です。トラックドライバーの不足はとても大きく、求人の募集は常にあるような状況です。同時に荷物を運ぶわけではありませんが、タクシードライバーの不足も大きなもので、大手の業者は特に、いつでも募集を出しているような状況です。運転手がいないために、事業が継続できない危機に直面している会社もあるくらいに、なかなか難しい問題なのですが、タクシードライバーのニーズは年々高まっていて、人口が増加する都市部において顕著になっています。それに外国人観光客の増加もあり、そうした人たちがタクシーを利用するようになっています。今の仕事に満足できない、あるいはなにかこれまでと違うような仕事がしてみたい、そんな気持ちを持っているのであれば、タクシードライバーとしての就職を考えてみることができるでしょう。

親に言われて婚活を始めようと決意しました

職場でも周りの女の子たちは次々と寿退社をしていたり、同級生の中でも結婚する友達が増えてきました。まだ30歳になったばかりだからと焦っていませんでしたが、親がかなり心配をしています。8つはなれた姉がいるのですがもう独身でいる事を決意したようで、実家に住みついています。そんなこともあり、孫が欲しいと思ったのでしょうが、私に対してのプレッシャーがすごいです。

しかし、子供を産む事を考えると40歳ちかくになると高齢出産のリスクも出てきますし、妊娠率も低下するという事はわかっていたので、そろそろ本格的に婚活をはじめようかなという考えも出てきました。親に言われた事がきっかけではありますが、やはり冷静になるとさらに婚活はしづらくなると思ったので始める事にしました。

やはりツールを使わないと30オーバーの女性はきついです。結婚相談所に行って登録してしまいました。経費は掛かりますが、それも将来の伴侶を効率よく見つけるためです。

愛車との出会いはショッピングモール

今わたしが所有する車との出会いが運命の出会いでした。いつも買い物で訪れるショッピングモールにたまたま展示してあったのが今の車でした。ちょっと奥まったところに展示してあったので展示に気づく人は少なく販売スタッフも暇そうにしていました。

わたしは何となく展示してある場所を通ったのですが、あまりにもステキな車で何かに引っ張られるように展示車を見ました。その時車について説明してくれたスタッフが店長さんで、その人がいい人だったことから車を買うことになりました。

わたしが一目惚れしたその車はプジョーRCZ。現在は生産が中止されている車です。あのときあの店長との出会いがなければわたしは他の車を買っていたかもしれません。話が合ったというか、売りつける感じがまったくまかったので安心できたのです。今でもこの車に決めて良かったと思っています。

元彼との出会いで変わりました

私は、元々、誰かと付き合いたいなどという考えは無かったのですが、SNSを通じて一人の人と出会い、その人と付き合う始めることになりました。

趣味が一緒で、その話から盛り上がって、だんだんの仲良くなり、私が好きになり、私から告白をしたようなものになります。

恋愛に対して興味が無く、異性と話をするのも苦手だった自分が、このように誰かに告白をすることがあるなんて、昔の自分がしったらびっくりです。

私から告白をしましたが、相手の人からはその場では言い返事を貰うことができませんでした。
ですが、その後も友達としての関係は続き、その三ヶ月後にもう一度告白をして、そして付き合い始めることになりました。

初めての彼氏で、しかも年下だったのですが、相手の人が上手くリードしてくれて、楽しいお付き合いになり、付き合う楽しさを知りました。
別れてしまいましたが、付き合えたことに感謝しています。

すすめられる再婚の誘い

5年前に結婚しましたが、二年後に病気で夫が死んだので、それからは一人で暮らしています。子どもがいないのに、意外と再婚はしづらいものです。まだ夫との関係が終わりになっていないのかも知れません。

ですが、夫の親族からは、あまり気にしないで、好きな人が出来たら結婚した方がいいと言われます。

私にはもう少し時間は必要かなとは思っています。

自分の結婚に関しては、するかどうかはわかりませんが、ずっと一人でいるの不自然ではあると思います。まだ、30歳ですから。子どもを持つことへ憧れもあります。

そういわれると、死んだ夫とはまだ夫婦になる前だったように感じます。付き合っている状況のまま時間を過ごして、これから夫婦になるというところでお別れがきてしまったのだと思います。

ちゃんと夫婦を経験するにはあらたに結婚する方がいいかもしれないと思うようになってきました。そしてご縁があれば子どもも持てればいいなと思います。

タクシー運転手になっちゃいました!

前の仕事を辞めて、憧れのタクシー運転手に転職しました!
最初は慣れないこともあって、結構ドキドキで戸惑っていた部分もたくさんあったんです。
でも今はやーっと少しだけ慣れることができたようで、タクシー運転手として頑張って働いています。
特に自分の地域では、高齢者が多く、車がないと不便な生活になってしまう地域なんですよ。
そんな地域に住んでいるので、特に昼間は高齢者を乗せることも多いのですが、本当に利用していただく高齢者の方にはいつも感謝の気持ちを告げられ、こんなタクシー運転手として転職したばかりの未熟な自分にも優しく接してくれるんです。
本当に仕事をしているだけで、心がこれだけあったかくなるなんで、今まで思ってもみなかったので本当にタクシー運転手として働き始めてよかったなと思っています。
これからも、もっともっとタクシー運転手として頑張ります!
今日も、楽しく働くことができてよかったです。

ネットでの出会いは昔ほど危険ではなくなった?

今は完全に無料な出会いがネット上ゴロゴロ転がっています。自分に行動力と意志さえあればいくらでもあります。何もアプリを使ったり出会い系サイトに登録したりしなくても、無料で個人情報なしで登録できるSNSはたくさんあります。

メールアドレスぐらいですね、必要なのは。そういったものに登録して、個人情報は曝け出したいだけ曝け出しておいて、自分からそのSNS内で趣味が合いそうな人を探してメッセージしてみる、といった手があります。

SNSには大体メッセージ機能があるので、やり取りが楽です。それで抵抗さえなければ待ち合わせ場所や時間などを決めて置いて実際に会ってみることだってできるわけです。

実際そういうことは今はよくあることですし、一昔前ほど「ネットで出会った人は危険かもしれない」と言う意識はないのでは?と思います。人の目があるお店が待ち合わせ場所として適切かもしれませんね。

再婚した母の友達の赤ちゃんを見に

この前、母の友達の赤ちゃんを一緒に見に行きました。母には40代の友達がいるのですが、その友達は日本に住んでいる中国出身の方で、日本で日本人の旦那さんと結婚して息子さんを産んでいるのですが、後に離婚して去年再婚したそうです。

もう高校生の息子さんがいるそうですが、離婚後にはお父さんの方と暮らすことを選んだそうです。今は今年生まれた新しい息子さん、そして再婚相手の男性と三人で暮らしているそうですが、母はその女性と友達で再婚した際の結婚式に行ったのです。

赤ちゃんが今年生まれたので見に行くということで、私も行きたかったので付いて行ったのです。初対面でしたが、色々とオープンに離婚や再婚の話をしてくれました。

再婚相手の男性は婚活のエイジェントにマッチングしてもらったそうです。積極的に再婚相手を探していたのですね。やはり離婚した後再婚する人は積極的に再婚相手を求めたりすることがあるのですね。

男女の出会いは突然に

さて自由記事という事なので、好き勝手書かせて頂きたいと思います。街中やショッピングモールに行くと必ず男女がいます。職場にはいるでしょう。先ず、男ですが(自分も男です。)幾つになっても「少年のまま」だと思います。当方30歳ですが、未だに可愛い女性を見ると見てしまうし(笑)そして、女性を求めて彷徨っている動物だと思います。一方女性は、現実的な部分を分かっている非常に優秀な動物ですよね。でも、好きな男性の事は目で追っているし、中には赤面してしまう可愛らしい女性も多くいます。女性を怒らせると怖いし(笑)着飾って男を誘う女性もいます。

この様に男女の出会いというのは、無数に転がっているし、「運命的」に引き寄せ合い、切っても切れない様な仲になる方々もいるでしょう。それは男女の友情としてもだし、男女関係にしてもだと思います。

いつの時代も男女という動物は変わらないのでしょうね。逆に、変わってしまったら怖いと僕は思います。